日本のメガソーラー

光と自然

太陽光発電システムは設置する場所がある程度限定される他の再生可能エネルギーを利用した発電システムよりも自由度が高いため、現在も世界各国でメガソーラーの建築計画が進められています。

もちろん日本にも数多くのメガソーラーが稼働しており、現在あるだけでも電力会社が所有しているものが25箇所、電力会社以外の企業などが所有しているものが48箇所に上るそうです。

これらの数はまだまだ増加しており、将来的には電力会社所有のメガソーラーを2020年までに30箇所に増やすことを目標に導入計画が勧められているそうです。

日本でメガソーラーといわれてもそれほど日差しも強くなく土地も広くない日本は太陽光発電に向いていないのではないかと考える方もいるかと思います。

確かにそういう考えもありますが、日差しの問題はソーラーパネルが熱に弱いという特徴を持っているためむしろ四季のおかげで涼しい環境で過ごせる日本はむしろ太陽光発電に向いている意見もありますし、土地の問題は一般家庭の屋根など数多くのデッドスペースを活用することとによって十分賄う事が出来るとの事なので、実は私達が考えている以上に日本のメガソーラーを取り巻く環境は恵まれているのかもしれません。