日本はメガソーラー建設に向いているか

光と自然

昨今の原子力発電への不信感の増大や化石燃料の減少など現在使用されているエネルギー供給源が求められている現在太陽光発電を初めとした再生可能エネルギーに非常に高い注目が集まっています。

現在太陽光発電を利用して多くの発電量を確保する事が出来るメガソーラーの建設が急ピッチで進められており、メガソーラー誘致を行う県も数を増やしてきているそうですが、実際のところ日本という国はメガソーラーを建設するのに向いている国なのでしょうか。

メガソーラーを建設するにはまず広大な土地が必要です。この時点で日本は他の国よりも国土が少ない分不利な状況に立たされていますが、太陽光発電システムは狭い環境においても工夫次第で多くのソーラーパネルを設置する事が出来ることから日本でも十分な規模を持つメガソーラーを建設する事が出来るそうですし、土地の少なさを補うために小規模の太陽光発電システムを普及させてデットスペースを有効活用する動きも目立ち始めてきているそうです。

その他にも日照時間の問題や式の変化による陽の射し方の変化など太陽光発電を妨げる要因となるのではないかといわれる要因が色々指摘されていますが、そうした不安要素を跳ね返す事が出来る利点も数多く存在するので十分日本のメガソーラーは機能するはずです。