メガソーラーの誘致

光と自然

太陽光発電を利用した発電システムには色々な種類があり、電卓のような非常に小規模なものから広大な土地を利用するメガソーラーと呼ばれる太陽光発電施設まで実に多くの発電システムが存在します。

中でもメガソーラーは新たなエネルギー供給源として利用する事が出来る様研究が続けられると共に新たなメガソーラーの建設も進められており、現在も多くの都道府県でメガソーラー誘致の活動が行われているそうです。

こうしたメガソーラー誘致によって日本の太陽光発電を取り巻く状況はどのように変化していくのでしょうか。

太陽光誘致は様々な県で行われてきましたが、中でも北海道の誘致には非常に多くの企業などの応募があったといいます。

北海道といえば冬は雪が多く降り積もる土地で一見すると太陽光発電には不向きな土地に見えますが、そんなデメリットを取り返してくれるほどの広い土地や、太陽光発電の天敵となる高い気温とは無縁の環境は太陽光発電には必要不可欠なもとして非常に高い注目を集めました。

そのせいで他の県の誘致に人が集まらず北海道に誘致の応募が集中しすぎたせいで、途中で北海道が誘致をストップさせたこともニュースとなりました。現在は他の県の誘致にも人が集まってきているそうなので近いうちに色々な件でメガソーラーが誕生することでしょう。