メガソーラーがある土地

光と自然

現在新たなエネルギー供給源として注目を集めている再生可能エネルギーを用いた発電法として注目を集めている太陽光発電システムですが、数ある太陽光発電システムの中でも特に大きな発電量を確保する事が出来る設備はメガソーラーと呼ばれており、現在も70基以上に及ぶメガソーラーが稼働を続けています。

そんなメガソーラーは日本全国に存在し、その数は更に増えてきているそうですが、メガソーラーはどのような土地に建設されているのでしょうか。

現在稼働中のメガソーラーの多くは日照時間が長い土地に集中しています。特に太平洋側に位置する県は日照時間が長いところが多く、非常に多くのメガソーラーが稼働しているようです。

それ以外のところだと日照時間はそれほど長くない代わりに広大な土地を持っているところは多くのメガソーラーが稼働していたり建設計画が持ち上がっているそうで、特に北海道は融資を開始した直後から入札が殺到して予想よりもずっと早くに誘致を打ち切ったことで大きな話題を呼びました。

これから先メガソーラーがもっと増えれば今以上に多くの電力を太陽光発電で賄う事が出来るようになり、環境保護やエネルギー不足の力となってくれることでしょう。