メガソーラーの条件

光と自然

太陽光発電システムといえば実に様々な種類がありますが、その内の一つにメガソーラーと呼ばれる太陽光発電システムを備えた施設があります。

近年このメガソーラーを多く建設しようという動きが持ち上がっており、各電力会社は2020年までに日本国内の電力会社所有のメガソーラーを30基に増やそうという計画を持ち上げていますし、電力会社以外の各企業も日本全国でメガソーラーの建設計画を立ち上げているそうです。

こうしたメガソーラーは一体何を基準としてメガソーラーに分類されるのでしょうか。

メガソーラーと呼ばれるかどうかはその施設の発電量によって変わります。

名前に「メガ」と付くだけあってメガソーラーに分類される条件は施設一基の出力が1メガワット以上であるかどうかだそうで、この基準を満たしている太陽光発電を用いた施設は現在78箇所あるそうです。

これだけの発電量を太陽光発電だけで確保するには広大な土地が必要なため建築にはそれなりの条件が必要となりますが、将来的には原子力発電や火力発電に変わる新たな発電法となることを期待されています。

そこに至るまでにどれだけの時間が掛かるかは分かりませんが、一日でも早くそんな時代が来てもらいたいものです。