メガソーラーのデメリット

光と自然

太陽光発電は現在様々な形で利用されていますが、その中でも特に大規模な形で利用されているのがメガソーラーと呼ばれる太陽光発電施設で、日本全国で稼働すると共に新しいメガソーラーの建設計画が次々と立ち上がっています。

メガソーラーを初めとした太陽光発電は環境に優しく、コストも抑える事が出来るなど実に様々なメリットがあることで知られていますが、残念ながら全てのものにはデメリットがあるものです。

メガソーラーに関してもそうしたデメリットは少なからず存在し、メガソーラーの普及などにも大きく係わってきます。

メガソーラーの最大のデメリットはやはり天候に発電量が大きく左右されるという点でしょう。太陽光発電システムの晴れの日と雨の日の発電量の差はおよそ10倍といわれており、雨の日が続いた日には太陽光発電による発電量はほとんど期待できません。

もし仮にメガソーラーがメインの電力供給源として利用されていた場合普段の生活に使える電気はほとんど無くなってしまうでしょう。

太陽光発電を新たなエネルギー供給源として利用しようという声は非常に大きいですが、そのためにはこのデメリットを解消して常に電力を安定供給させる方法を考案しないことには始まりません。