メガソーラーと売電

光と自然

太陽光発電システムは政府が特に普及を進めている再生可能エネルギーを利用した発電システムで、そのために用意された様々な制度のおかげで多くの人が太陽光発電システムを導入したといいます。

メガソーラーにもそういった普及のための特別な制度が用意されたそうで、そのおかげでメガソーラーの建設を始める企業が急速に増加したといいます。

そんなメガソーラーのために作られた制度の中でも特に注目されたのが売電制度という大きな利益を生み出す事が出来る制度だそうです。

売電制度とは太陽光発電システムを導入した方が共通して利用する事が出来る制度で、太陽光発電によって発電した電気を電力会社に売却する事によって利益を得る事が出来るという制度なのですが、この制度は一定の発電量をマークする事が出来る発電システムを所有していた場合より多くの利益を生み出す事が出来るそうで、この制度を利用するためにメガソーラーを建設する企業が急激に増加したのだそうです。

その結果急激にメガソーラーの建設計画が増加した北海道では売電用の予算が確実に不足するということでメガソーラーの建設の中止を呼びかけるという事態に発展したりと太陽光発電を広めるための制度が裏目に出てしまっているようです。